FC2ブログ

The Reason I was Born

ARTICLE PAGE

エスカ

enb 2017_09_25 19_12_04_421 
プロフィール

名前:Esca(エスカ)
旧名:Armilena(アルミレーナ)
種族:シジルストーン・オブリビオンゲート
出身:カラク・アガイアラ
所属:深遠の暁
職業:無し
年齢:不明


【備考】
アリアによって作り出されたオブリビオンの門。
アリアとドヴァーキンの娘として生きている。

子供の亡骸と印石を用いて作成されたが、
死霊術のように蘇生させたというよりは、
魂縛の媒体となる石を人間に作り変えたというべき魔法の産物で、
彼女も新しい生命として扱われている。

彼女の誕生には多くのデイドラロードが関わったことで、
アリアが正式にデイドラと協力関係を結んだことの契機にもなり、
現在はマンカーに所有権があった旧楽園(ガイアル・アレイタ)
小さなオブリビオンの領域を設けている。

ムンダスには主神アカトシュによって、
オブリビオンとニルンを隔てる障壁が敷かれており
エスカも例外なくその影響を受けている為、
門の開閉に関わらずタムリエルの空気は彼女にとって毒へと変わる。

そのことから、
ドヴァーキンと出会うまで領域に持つ居城カラク・アガイアラから、
一歩も外に出ること無く暮らしていた。
彼女自身はムンダスでの暮らしに憧れを抱いている。

性格は生前のアルミレーナとしての面影が色濃く表れており、
子供らしく努めようとする、子供らしくない子供である。
世間知らずで我儘であるように振る舞うが、
その実怒ったり悲しんだりなどの感情に乏しく、
人間関係において相手を傷つけないことに重きを置く。

それは実の母を想うがあまり、
彼女の心の支えとなるよう、
”天使のような娘”を演じ通した人生であり、
最終的には完全な自己損失に至ったことが起因している。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment