FC2ブログ

The Reason I was Born

ARTICLE PAGE

ドヴァーキン

enb 2017_09_26 23_19_27_59-1 
プロフィール

名前:Dovahkinn(ドヴァーキン)
種族:人間
出身:不明
所属:深遠の暁
職業:元傭兵
年齢:不明



【備考】
記憶喪失の元囚人。
アルドゥインがヘルゲンを破壊した日から、記憶を失っている。
ミルムルニルが死に際で発したドヴァーキンという言葉の意味を知り、
ドラゴンが自分の記憶に何らかの形で関与しているのではないかと考えるようになった。

傭兵業に従事して情報を集め、各地を転々とすることを繰り返しながら、
ドラゴンの出現を予測し、あるいは直接巣へ赴いて討伐する。

ドラゴン狩りに尽力するのは無くした記憶への強い切望が所以であり、
裏を返せば他に生き甲斐を見出すことが出来ない、殆ど自棄的な行動原理でもある。

虚無感に苛まれる日々を過ごしていたが、
自分の妻である女性、更には娘との再会を果たしたことで、
記憶に執着し追い求めることを、諦めることができた。

繰り返されるドラゴンの襲撃から砦を救った経歴や、
ドーンガードと提携し、ヴォルキハルの野望を食い止めることに貢献したことで、
スカイリムでは少なかれ名声を馳せた人物であり、英雄と呼ぶ者さえいる。

そんな彼が深遠の暁を再編した経緯については妻の意向もあるが、
彼自身、妻子が患ってる病を治す方法を考えた結果、
確実で明確な手段がオブリビオンゲートを開くことだったというだけで、
デイドラロードを崇拝する気持ちは一切無い。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment