FC2ブログ

Mythic Dawn

深遠の暁

マンカー・キャモランを教祖とし、デイドラを崇拝する教団。
今からおよそ200年前、タムリエル大陸全土で、
オブリビオンの動乱と呼ばれる事件を引き起こし、悪名を轟かせた。

マンカーがクヴァッチの英雄に敗れた後、
生き残りのメンバーは番人や帝国軍の活躍により殲滅され、
オブリビオン・クライシスの終焉とほぼ同じくして組織は解体されている。


ドヴァーキンらによって再建された同名の組織は、
かつてメエルーンズ・デイゴンを崇拝し、
タムリエルの終焉を目論んだ邪教徒によって、
そして今なお、心なき同胞の手によって、
傷つき、虐げられた全ての人々への贖罪を企図し、
デイドラを絶対悪とする心象を払拭するべく、
人道支援を主に活動する慈善団体である。


深遠の暁とは、全人類の敵と言っても過言ではない。
帝国史において最も長きに渡り栄華を極め、
今日迄の人類の繁栄をもたらしたセプティム王朝を滅亡へと導いた。

そのような空前絶後の負の遺産を残し、
この世に二度と存在することは許されまいと、
葬り去られた深遠の暁という邪悪の名を、
あえて彼らが受け継いだ理由は二つある。


一つは、深遠の暁という名に込められた意義を果たすこと。

神話と夜明けの時代、
竜神の嚢がバルフィエラ島へ落ちるよりも前、
そこにはエイドラの干渉も受けつけない、自由の大地があった。
歪められることのない歴史を、ただ当たり前に歩んでいく。
これはあくまでも比喩だが、
深遠の暁とは定命の民にとって、
暁の光に輝く未来を示すことが真意であるとする。


二つ目は、マンカーの意思を受け継いでいること。

曰く、創造神ロルカーンをデイドラと定めたうえで、
定命の世界をオブリビオンの住人へと譲渡し、元の形に戻す。

即ち”ムンダスとオブリビオンとを隔てる境界を無くす”ことであり、
それ自体が現組織の最終目標である。

前組織との思想と最も重要で確実な違いは、
ムンダスをデイドラに捧げるか否かという点でしかない。
オブリビオンの動乱に用いた手段が目的に入れ替わり、
着地点としてはおおよそ同じ道を目指している。


デイドラにも、エイドラにも支配されない定命の自由を手に入れるべく、
ムンダスをオブリビオンの領域に迎え入れる。
それを以て、タムリエルに一つの変革を起こす。

古来より続く人とエルフとの軋轢に終止符を打ち、
深遠の暁はドラゴンボーンと共に、
時の竜神が生みし世界を喰らう者、
それに連なる悪しき眷属を滅し、
タムリエルに永劫の平和を実現することを誓う。

以上が深遠の暁による、
第四紀202年に実行を計画した”大いなる門”の見解である。

ヴァンパイアの城


スカイリム地方、ジェラール山脈麓の樹海に佇む古城。

ファルクリース地方のような国境付近は、
膨大な数の亡骸が埋葬されている巨大墓地が多い。
ゆえに死肉臭に誘われて、良からぬ物が集まりやすいと言う。

野生の獣は勿論のこと、
一帯を包み込んだ山脈の樹海は陽を遮り、
吸血鬼や死霊術師という厄介者まで誘い込む。


パンドラもこの古城に目をつけたうちの一人であり、
血泉の吸血鬼が統括する麻薬組織から奪い取る形でここに移り住んだ。

その際囚われであった1匹のデイドラを拾い、侍女として飼っている。

エリーゼ

enb 2018_01_29 13_28_32_55-1 
プロフィール

名前:Elise(エリーゼ)
種族:ドラゴンボーン
出身:シロディール、西コロヴィア、ゴールドコースト
所属:アレッシア会
職業:羊飼い、牧場経営
年齢:4090歳

テレサ

enb 2017_11_02 23_28_49_72-11 
プロフィール

名前:Teresa(テレサ)
種族:オーダーの司祭
出身:シヴァリング・アイルズ
所属:パンドラ邸
職業:メイド
年齢:200~300歳(大雑把)